俐楽帖

リアル「ジキルとハイド」の手記

休日の喫茶店で果物入りの紅茶

私が「アフィリエイト」という単語に出会ったのは2011年2月、はてなダイアリーの方で夜明と名乗っていた頃のこと。

ただ一介の大学生の日常をつらつら書いているだけの、公開する意味なんて考え始めたら敗け(つまり無意味)なブログに、突然それはやってきた。


f:id:Rirakujyou-Yoake:20161130081908j:image

 

第一印象は「何これ新手の詐欺?」。

アフィリエイトという文字は咄嗟のことに「アフィ…?適用のカタカナ語??」と、英語力を疑われても仕方ない誤解をした。(※「適用」ならapplication、アプリケーションの筈である)

かくして受信者の理解力不足によりこのメールは放置され、6年近く経とうとしている今、話の種にされた。

 

何やら今は、ブログにアフィリエイトを導入して儲けようという呼びかけるビジネスがあるようだ。

その人はそれで儲けていればいいと思う。

だがそれを本業とする人が社会の多数派になっては、第一次産業から第三次産業までが成り立たなくなるため、少数のままでいいと考えている。

休日に喫茶店で果物入りの紅茶を飲みながら、Wi-Fi飛ばしてPCでネットサーフィンしている時、社会を支えている人達に生かされているとつくづく感じる。目に見える労働はこれからも人の手が必要とされると考える。